自営業の方の利用可否

金銭的にピンチなので、 銀行カードローンを利用したいという状況に遭遇することは良くあるものです。しかし、職業柄「自分には無理なのでは」と感じるケースもあります。

しかし、これは考え方によっては決してあきらめるものではないのです。審査の結果次第によっては利用できるのが銀行カードローンですし、実際には色々な職業の方々が利用しています。ここでは、様々な職種の中でも自営業の方の利用可否について見てみましょう。

自営業の方の場合、企業に所属していないという点がポイントです。もし一企業で勤務しているのであればそれで申告できるし、安定した収入は確保できていると考えられます。

しかし、企業で働いていない場合は、利用そのものが大丈夫なのか心配になってしまうのも、決して無理はないものです。これに関しては、やはり審査の結果次第ということには変わりありません。ただし、この類の職業の方は、収入を証明できれば良いのです。

例えばですが、納税証明書などの証明書があるだけでも、客観的に収入を証明することになります。というのも、納めるべき税金の金額は、収入がどれだけあるかによって決まるからです。もし収入が全体的に多い場合、やはり税金の金額も多くなります。

銀行カードローンを提供している金融機関としては、収入をいくら確保できているのかについては知りたいものですし、それならばこのような方法を試してみるのも、申込においては一理ある方法なのです。

アルバイトやパートの方の利用可否

銀行カードローンは、アルバイトやパートの方々でも利用できると言われています。ひと昔前まではこんなことは考えられなかったものですが、最近では色々なバックグラウンドの方々が銀行カードローンを利用しているのが事実です。

しかし、アルバイトやパートとして働いている場合、収入的に大丈夫なのかと心配してしまうものです。では、収入面から考えた際、実際の審査に通る可能性はあるのでしょうか。

もし今後返済をきちんと定期的に行うことができると判断されれば、アルバイトやパートの職種の方の利用も可能になります。ただ、金額的に考えれば、そんなに大きくはなりません。

仮に融資可能金額を極端に大きくしてしまうと、銀行カードローンを利用している本人にとって大変なことにもなりかねません。金融機関側にとっても利用者にとっても、確実な返済ほど大切なものはありません。

では、審査において収入を申告する場合は、どのように行えば良いでしょうか。この時に肝要になるのは、全ての収入を合わせた金額で申告をすることです。これがなぜ大切かというと、収入が多い方が審査においては有利になるからに他なりません。

アルバイトやパートで暮らしているが、複数の仕事を掛け持っているといったことも多々あります。こういう時は収入源を複数確保できていることになりますが、せっかくなら全ての収入を合わせてしまっても問題ありません。仮に収入を合算しても、デメリットになることはまず無いのです。

主婦や主夫の利用可否

主婦や主夫の方が銀行カードローンを利用するとなると、人によってはあまり実感が沸かないかもしれません。しかし、最近の銀行カードローンは主婦や主夫でも利用できるような設定になっています。

もちろん、こういった方々が銀行カードローンを利用するにあたっては、金融機関が設定している条件を満たす必要があるのは、言うまでもありません。では、主婦や主夫の方々の利用可否については、実際どのように捉えてみれば良いでしょうか。

ここで大切なことは、毎月安定して収入が入ってくるか否かについて考えてみることです。どこの金融機関の利用であっても、まずは収入がなければそれこそ話になりません。収入がきちんと確保でき、その収入のいくらかを返済に回すことができる状況であれば、それはそれで評価が高いものです。

もちろんですが、主婦業や主夫業に従事している傍ら、パートやアルバイトを複数持っている場合、それらの収入を合わせた金額を申告して問題ありません。では、専業の主婦や主夫の場合、銀行カードローンに申し込むことができないでしょうか。

これに関しては、銀行の取り決め次第と言って良いでしょう。もし本人の収入が必要なのであれば、パートやアルバイトを探してからの申し込みとなります。しかし、それとは逆に、同居のご家族の方の収入があれば申し込んでも大丈夫というケースもあります。収入源がご家族のものであっても、そこから問題なく返済に充当できれば良いという考え方です。

学生の場合の利用可否

急にお金が必要になるのは、社会人だけではありません。学生の身分の方でも、このような状況に出くわすのは良くあることです。こういう状況の時も、銀行カードローンを利用することができれば良いなあと心の奥底で感じるものです。

では、学生の方が銀行カードローンを利用するに関しては、問題ないのでしょうか。

学生の場合、銀行でのローンの利用は断られることが多いです。これは学生の本分である学業に専念するようにという銀行側の意向が含まれています。
ただし、銀行によっては、アルバイトで収入源を確保できているようであれば申し込んでも良いと決めているようなこともあります。

この場合、アルバイトで稼いでいる金額はそんなに多くはないのがほとんどですから、融資可能額に関してもそんなに大きく設定しているわけではありません。あくまでも返済に無理がないように設定されているのが基本です。

では、銀行に申し込んで断られた場合、どうすれば良いでしょうか。こういう場合は今一度学生ローンに足を運んでみるのがおすすめです。というのも、学生ローンであればサービスの名前が示すように、学生専用のローンが提供されているからです。

ただし、学生ローンの場合も、アルバイトなどで一定の収入源を確保できていることが前提となります。収入源がなければ、返済を定期的に行っていくことができないですし、利用する側が困ってしまうからです。いづれにしろ、アルバイトで収入源を作ることが先決です。

転職したばかりの方の利用可否

どのようなタイプの銀行カードローンであっても、お仕事や収入などに関する審査を避けて通ることはできません。

銀行カードローンを利用する以上は返済が伴うことになるし、そうである以上はお仕事に関しても収入に関しても、所定の条件を満たすようにしないといけません。しかし、これから銀行カードローンを利用したいと思っている方の中には、転職したばかりという方も居るものです。こういう時、銀行でローンを利用するのはできるでしょうか。

転職をして間もない場合は、新しく入社した職場で長く勤務することができるのかどうかがカギになります。転職に成功したのは良いとしても、すぐに辞めてしまうようでは、肝心な収入源を上手く確保することができません。これでは金融機関としてもローンの利用者としても、途方に暮れる結果となってしまいます。

そうならないようにするためにも、今後きちんと勤務を続けていくことができるのかどうかが、審査でチェックされているのです。では、仮に審査に通ったとして、一体どれぐらいの金額が利用できるでしょうか。こういうケースでは、初回から高額になることは基本的にありません。

初回融資では通常よりも低めの金額で設定し、返済の実績を重ねていく中で、利用できる金額の枠を広げていくことになるのです。

もし返済の実績をコツコツと積み重ねていくことができれば、銀行側もその実績を認めてくれることになるし、利用の幅もより広がることになります。